1.東京社会人講義『経営者のためのビジネス法』(東京駅前丸の内ビル10階)

名古屋商科大学院東京丸の内キャンパス(丸の内ビル)
社会人4日間集中講義
:平成29年9月23日(土)、同24日(日)、同30日(土)、10月1日(日)

①企業法総論
②開業準備:起業理論とマーケット分析
③会社支配権の争奪事例と法的分析
④模擬株主総会Ⅰ(シナリオあり)
経営者の立場からの労働法
⑥契約理論とビジネス法
⑦模擬株主総会Ⅱ(シナリオなし)
⑧M&Aと敵対的買収に対する防衛策(ポイズン・ピル、ゴールデンパラシュート、ティン・パラシュート、クラウン・ジュエル、ホワイト・ナイト、マネージング・バイアウト、パックマンディフェンス、その他)
⑨経営者と知的財産権法(特許法と商標法)

 【エッセイ(小論文)課題】   提出期限:平成29年10月4日(水)

『過去の種々の具体的案件からして,いわゆる経営判断原則(=business judgment rule)は、我が国における企業活動の健全な発展にとって、必要な法理であるか。反対の立場にも留意しつつ、ご自身の考えを述べなさい。』



  

 

One Thought to “”

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

Leave a Comment